制作「Long Hot Summerぶろぐ」

拙者、生まれも育ちもレペゼン横浜。横浜より面白いマンガができるように更新をしておりやす。

第215話:根本先生

f:id:tshirtslonghotsummer:20191111092719j:image

1530日目:11月3日(日曜)
休日。学校に行く機会があり、行ってみる。この閉鎖的な環境、どこかフラストレーションを抱えた人たち。どれも、自分の昔と同じ環境があった。
自分が学生時代に欲しかったのは、実習自得の時間。今手にした時間と比べても、やっぱり学校って合わねぇ。
一限授業だと数時間費やし、仕事・休日に勉強をかけたら8〜9時間、それだけ差が出る。とは本田宗一郎。一限に費やす物足りなさが自分の中で合わない。
1531日目:11月4日(月曜)
朝から副業。
からまわりして一日を終える。
感受性が高いことが負に転じ、好意がからまわりまくる。もっと正直にいきたいものだが。。酒を飲みどうにもならないことを反省。歩きながら次のマンガのプロットを練る。人の心をしっかり描けるものをイメージ。
1532日目:11月5日(火曜)
朝から副業。
カフェで小一時間だけペン入れ。
1533日目:11月6日(水曜)
朝から副業。
1534日目:11月7日(木曜)
朝から副業。
1535日目:11月8日(金曜)
休日。打ち合わせ。

1536日目:11月9日(土曜)
休日。アメトーーク観て、神社に行きたくなりいざ鎌倉へ。
お参りを軽くして、行くとこなしに散策したあとに鎌倉の図書館で下書き。
観光地は住んでいる人の顔が見えなかったが、図書館は地元民にチビッ子が沢山いて、土着文化を見る。
今週の感想:なかなか制作時間が取れず。こんな週もあるさと。
描いたカットが会話シーンが中心で、結構大丈夫かと不安がよぎる。けっこうギャグは入れてみたものの、人をしっかり描くことは、アクションを描くことよりも、不安定なものだ。