マンガ・イラスト「Long Hot Summer」

レペゼン横浜からマンガの制作をメインに、たまに映画や音楽のことをゆる〜く毎日更新してます。

ノラ・ジョーンズは良いよ

疲れた時。平行線上の上にいるノラ・ジョーンズ

なんか、頑張ることが空回りする時。
努力したってどうにもならない現実なんてどうでもいいとヤケクソに心が疲れた時。
(といっても、ほとんどが絵が描けないストレスであるが。)

ノラジョーンズを聴くと癒される。
焦りも苛立ちも肯定する音楽というか、独自のテンポとゆるい歌声が、耳にすっと入ってきて、リラックスできる。
彼女のおっぱいを揉んでるような感触の歌声は、優しさバツグンで最高であるミュージックなっ!

Come Away With Me

やっぱ、ファースト。

 

まだ焦るな、じっくりとやれと問いかけるようなそれは、グッドミュージック。

女性にしか出せないようなミュージックってあるなって感じるね。

中学からドンドノーワイを聴いていた縁。

まあ、テッドって映画でクマの人形の愛人みたいな役をしていたのは少しがっかりしたけど。

初期はジャズボーカルで、中期は、ブルース・カントリーにいってここ二作はポップやロック寄りに。

で、新作は全編ピアノ主体で、先行シングルがかなりヤバい。

かなり期待。

 

 

心地よいんです。

 

 

 

広告を非表示にする