マンガ・イラスト「Long Hot Summer」

レペゼン横浜からマンガ製作を主に毎日更新してゆきます

レヴェナント:蘇りし者について

【ネタバレなし】

レヴェナント:蘇りし者の試写会に行く。
デカプリオが舞台挨拶をするチケットは外れたが、映画.comの試写会招待の券が当たり鑑賞。
 

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325212754j:plain

間違いなくデカプリオは山の男になってたね。
山の男が復讐のため、生き抜く冒険アドベンチャー
メッセージはあるにはあるがそれ以上に映像優先。
 
内容はストレートに戦え、生きのびろ。
 
以上
 
監督は、予算が増えて好き勝手に作りましたって映画だった。
過剰に画面の綺麗さは、川すげぇー、森すげぇー、山すげぇー!!
もちIMAXでみるべき映画。
 

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325212919j:plain

 
でも、なんにもない山ん中で、過酷すぎる撮影だったと思う。
普通に映画作るためにいる人達が、なんでクソ寒い雪山でサバイバルみたいにチビチビ撮影しなきゃならんとか。
スタッフはキレてよいレベルの綺麗な映像だった。これのためにいくら費やされたんだっての。そんだけすごい映像美。
近い映画でいうとやや柔らかめの地獄の黙示録ぐらいの撮影状態だっただろなと思う。
そんで、山で撮るんだからそんな金かからんと思われるが、撮影が完璧なレベルまでに高いレベルを求められて、最初の予算が95億円から40億オーバーという。
アホかと、最高。

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325212933p:plain

 
 
山の男デカプリオが、寒さで生き残るために馬の内蔵や心臓を出して、馬の中に入って寒さをしのぐシークエンスは、すごかった。
汚ないデカプリオのお尻が見えちゃってるわ、体は馬の血まみれになっちゃってるわ。
このシーンは必見で観るのをオススメ。

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325213002j:plain

 
また、生肉を食べてゲロったり、寒い川の中を流されたり、土の中に埋められて口の中に土が入ったり、鼻水、よだれがダラダラetc..
汚ねえ汚ねえ、こりゃしんど過ぎだろと..そんな退屈しないシーンの連続。
デカプリオが頑張ってるって見えるよりも、完璧に役になりきって演じてるデカプだから、あのデカプリオには見えなかった。
どのシーンも生きるために仕方ないシーンばかりだから力強くていい。

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325213106j:plain

 そんで最後はデカプリオが「来いよ、ベネット!」と言ってるように見えるというレベルでホントに山の男でした。

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325213015p:plain

芸映画風に宣伝されてるけど、冒険アドベンチャーだから、男の子は全員観に行くべし!的な宣伝のほうがいいと思う。
2時間半、ダレずに楽しめるアクションだし。デカプリオが好きになる。

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325213243j:plain

視聴中BGM
「ある日、森の中、くまさんに、出会ったー」
 

f:id:tshirtslonghotsummer:20160325214957j:plain