マンガ・イラスト「Long Hot Summer」

レペゼン横浜からマンガの制作をメインに、たまに映画や音楽のことをゆる〜く毎日更新してます。

ビジネスの話ってなーんだ?

知り合いからビジネスの話があるときた。
詳細は直接会わないと言えないとはぐらかしたり、具体的でないから断る。
明確にできない話をラインのやりとりで切り出す時点で信用できない。しかも1年ぶりにメッセージ。

 

想定されるビジネスとしては、
1、会社の手伝い
2、仕事を委託してほしい

3、共同事業
4、お金貸して
5、うまい投資話
6、ネズミ講のビジネス
7、インチキ商品の勧誘

こっちのリスクがありすぎる。。


もし俺が作品作るために人に声をかけても、目的は完成させたいだけで、少ないポケットマネーであれどしっかり出す。提示は明確に。社会主義的な俺だからしっかりする。花屋で苦水を飲んだからなお。

 

思うに向こうは金儲けが目的だから、利用する目的でこちらに声をかけたのだろう。

はっきりしないビジネスの話ってだけで、こっちはリスクがあるし、知り合い関係を金に換算された気がして不快。

俺がなぜか不快か、そこまで考えないとしたら、想像力の乏しい金儲け資本主義のブタ野郎だ。一生女と札束のケツでも舐めてろ。社会人としての作法もないアニマルが。ファックユー。

f:id:tshirtslonghotsummer:20170924213157j:image

現実に甘い話はない。こうゆう声がかかったら、みなさん気をつけましょう。

イラスト・デッサン練習304

f:id:tshirtslonghotsummer:20170915142941j:plain

描ける日は一日一枚。 

これから下書きを描いて、着色も学びたいし、ネームも描いてと、プロットも描きたいし。楽しいというか、自分に合った作業はたくさんやる。

 ビジネスは二次的副産物。

 

 

千本ネームノックその4

やっと「コミック・オン・ザ・ブレイン」なるネーム45pを描きあげる。
いいとこに着地がいって良かった。
いままで、たくさん映画を観てなきゃ、話の着地がわからずに終わっていたろう。f:id:tshirtslonghotsummer:20170924024025j:image
描いていて盛り上がったシーンは自分が実際に小学生の頃に描いていた漫画をラストに入れるのを思いついた時。
頭で考えていたシーンは頭で思った以上に弾けなくて、上記のワンクッションおいた爆発のほうが、テンションは上がってさらに良くなった。

合間に描いていた花屋のネームは着地に失敗してる。半分は捨てて、テーマを明確にして、コミックオン〜と同時進行でプロットを作る。
ひとつ、恋愛まんがの脱構築プロット。

 

 

作業場の中

f:id:tshirtslonghotsummer:20170922142534j:image

久々に過ごしやすい天候と休日で、作業場を整理。

最近帰宅が深夜で、メダカを起こしちゃ悪いから、部屋の電気はつけれないということで、トレース台を設置。ここに、あと少し部屋の物を捨てれば快適になる。本は必要部分を写メ。

服は捨て。いらないものはとにかく捨てて、スッキリさせる。

イラスト・デッサン練習303

f:id:tshirtslonghotsummer:20170915142346j:plain地盤はできてきて、難しい絵も、なんとなく描きかたを読み取れればいけるようになってきて、マンガで使うレベルの構図ならいけると感じる。

ザッカーバーグの名言を胸にギアを上げてく。 f:id:tshirtslonghotsummer:20170921101412j:image